なかなか目覚めない

ざっしょく

12月24日【朝】

1.

街角でカラオケ。

十字の交差点で、右の信号にマイクがあった。

YUKIaikoの曲を熱唱する。

歌詞はメニューボードのようなものに書いてあって、確かクリック式だった。

夢では高音も伸びていて、現実より遥かに歌がうまかった。

歌い終わった後、菱田さんがミキサールーム(調整室?)に行ってくると言って消えた。

その際、「調整室行ってくるね」「調整室?」「もぉ」というやり取りがあった。

調整室の前は小型のはめ込みテレビがいっぱい。

縦3つ、横4つくらいの中で、中央右の画面に菱田さんが映っていた。

調整室の前で誰かに手を振る(とメモに記載はあるが記憶にない)

「うちの○○いいように使わないでくださいよー」と誰かに言った記憶あり。

 

2.

学校のトイレから出ると、人が二人水道のところにいる。

左の人に向かって、目が腫れているだけなのに痛痒いと嘘を吐く。

何かをサボるためだったと思う。

農家のおじいさんが使っている目薬を借りようとして、農場のようなところへ。

お姉さんに疲れ目用の目薬しか持っていないと言う。

農道にトラックいっぱいに詰め込まれた人?軍人?難民?が乗っていた。

12月22日【朝】

1.

姉から掃除を頼まれ、嫌々ながらお風呂掃除をする。

一度目は薬剤など使わず、二度目に薬剤を使い仕上げろと指示されるが、面倒で二度目の掃除はしなかった。

ECCに姪1を送って行ってと頼まれる。

 

2.

箱根鉄道?のような名称で、囲いがないジェットコースターのような乗り物に乗っている。

後ろの席にはいつも使っているリュックサック。

スピードが速くカーブも多い道で、乗っているのが怖かった。

降りた後、温泉街のような場所のお土産屋さん(茶色の平屋っぽい造り)で豆腐を一丁買い、右のポケットにそのまま入れる。

支払い前に250円のお釣りを渡され困惑する。

250円は返し、実際は1,000円払っていくらかのお釣りをもらった。

緩やかな下り坂を歩いて行くと、右手にビルインの雑貨屋のようなお店(ファンシーチック。ピンク基調)が見え、店頭にあったミニーちゃん?の靴下を買おうとする。

そこで母が登場し、ゴボウを買ったつもりでいつの間にか持っていた細長いものを渡す。

これはゴボウではなくしょうがだった模様。

 

3.

バスの最後尾で小嶋さんとイチャイチャ。

途中荒地のような場所で一旦バスを降りて、谷底のような低い道路を二人で見下げる。

そこにもバスがあってたかみながいたような……?

小嶋さんがノースリーブスの話をしていたと思う。

バスに戻って再び最後尾に座る。

左前に座っていたお婆さんに何か言われる。

途中の住宅街のような道でバスの運転手さんが青いツボが二個並んだところでツボを巻き込む。

市街地に出た後、小嶋さんの紹介した会社に就職するよう言われて目の前の茶色いタイル張りのビルに入る。

奥に進んで看板を手で払う。

就職拒否。

外に出て漫画家の男性に仕事を紹介してくださいと頼むと、漫画書けるの?と聞かれたので、いいえと答える。

三人で高架下を歩いていると、銃が出てくる。

小嶋さんに銃口を向けられ怖かった。

私を構成する9枚

少し前からツイッターで流行しているタグ「私を構成する9枚」をやってみた。

私を構成する9枚と聞いて漠然とCDに限定して考えていたけど、どうやら本家のツイッターでやっている人を見てみるとCDだけに限らずゲームやDVD、エロゲなんかでもやっているみたい。とりあえずCDで考えてみました。

f:id:rockb48:20160223032853j:plain

1.XOXO(Kiss&Hug)Repackage / EXO
去年、遅ればせながらK-POPにハマって、そのキッカケになった1枚がこれ。今や1日1回は必ずK-POPを聴いてるし、EXOよりもせぶちに関心が移った今でもやっぱり特別な1枚。
お気に入りは「Growl」「My Lady」あたり。

2.耳鳴り / チャットモンチー
高校の頃にいわゆるロキノン系にすごくハマっていた時期があった。高校時代を象徴するアルバムとして、これもやはり外せない。チャットモンチーを好きになったキッカケはよく思い出せなくて、多分「恋の煙」とか「ハナノユメ」を聴いて好きになったんだと思う。それからチャットモンチーが「シャングリラ」で有名になり始めて。どこで追うのをやめたのかも思い出せないけど、『耳鳴り』とか『生命力』は外せない名盤なのです。
お気に入りは「一等星になれなかった君へ」「プラズマ」あたり。

3.Tower of Music Lover / くるり
くるりのベストアルバム。チャットモンチーが高校時代を象徴するアーティストだとすると、くるりは大学時代です。中学生の時に「ハイウェイ」を聴いてそれだけすごく好きで、でも他の曲は聴いたことはなかった。高校生になってロキノン厨になり、手を出したくるりは素敵なグループでした。思い出も含めて大好きな1枚。
お気に入りは「ハイウェイ」「春風」あたり。

4.Flowers OST / MANYO
百合ゲームで有名なFlowersのサントラ。ゲームも大変面白かったけど、曲がもう最高。是非、プレイを!
お気に入りは「カラー」「Afternoon Tea」あたり。

5.青い花 OST / 羽毛田丈史
はじめて聴いた時はこの人天才じゃないかな、と思った。青い花の世界観によく合ってるのはもちろん、何故だか涙が溢れてきちゃう、そんな1枚。優しい。OSTとは関係ないけど、儀武さんを知ったのはこの作品だった。儀武さんと高部さんのラジオを聴いていて、なんて面白い人なんだ!と思ったのを覚えてる。今や常識ですね。
お気に入りは「打ち明けた一言」「溢れ出る涙」あたり。

6.池袋ウエストゲートパーク OST / 會田茂一, 羽毛田丈史, KREVA
ドラマ大好きだった。今でもかっこいいと思う。色褪せない。そしてここで注目なのが、青い花のサントラを作った羽毛田さんがなんとIWGPのサントラにも参加しているということ。作品の世界観もまったく違うのに、どちらも最高。やっぱりこの人天才じゃないかな。
お気に入りは「Like this, Like that」「West Gate Park」あたり。

7.The Best / t.A.T.u.
t.A.T.u.が流行っていた頃、私は中学生でした。今思うと百合好きになった原点はこの2人かもしれない。Avril LavigneEMINEMと並んで個人的な洋楽の原点でもある。当時ロシア語版と英語版は違う人が歌っているという噂が流れていたけど、真相はいかに。
お気に入りは「All The Things She Said」「Love Me Not」あたり。

8.Modern Artillery / The Living End
これも中学生の頃。アヴリルやタトゥーで洋楽に興味を持って、その頃丁度このアルバムが発売されて、なんとなく買ってハマった1枚。収録曲の「Jimmy」という曲が好き過ぎて、ジミージミー言ってたら一時期あだ名がジミーになりました。
お気に入りは「Jimmy」「Tabloid Magazine」あたり。

9.DARKER THAN BLACK OST / 菅野よう子
高校時代、ロキノン厨だった私は同時期にアニメの世界にも手を出すようになりました。そのキッカケは涼宮ハルヒの憂鬱。そしてその時にリアルタイムで放送していたのがDTB。これもアニメの世界観にドンピシャで、今でこそさすがの菅野よう子さんと思いますが、当時は菅野さんのことを知らなかったので、何この人天才かな、と思ってました。天才でした。
お気に入りは「Was」「Water Forest」あたり。


以上、私を構成する9枚でした。
邦楽2枚、洋楽2枚、サントラ4枚、K-POP1枚。サントラ多いな。
9枚からは漏れましたが、千住明さんの『RED GARDENOSTや『よく分かる現代魔法』OST、『木更津キャッツアイOST中塚武さんの曲全般とかも好きです。