なかなか目覚めない

ざっしょく

12月22日【朝】

1.

姉から掃除を頼まれ、嫌々ながらお風呂掃除をする。

一度目は薬剤など使わず、二度目に薬剤を使い仕上げろと指示されるが、面倒で二度目の掃除はしなかった。

ECCに姪1を送って行ってと頼まれる。

 

2.

箱根鉄道?のような名称で、囲いがないジェットコースターのような乗り物に乗っている。

後ろの席にはいつも使っているリュックサック。

スピードが速くカーブも多い道で、乗っているのが怖かった。

降りた後、温泉街のような場所のお土産屋さん(茶色の平屋っぽい造り)で豆腐を一丁買い、右のポケットにそのまま入れる。

支払い前に250円のお釣りを渡され困惑する。

250円は返し、実際は1,000円払っていくらかのお釣りをもらった。

緩やかな下り坂を歩いて行くと、右手にビルインの雑貨屋のようなお店(ファンシーチック。ピンク基調)が見え、店頭にあったミニーちゃん?の靴下を買おうとする。

そこで母が登場し、ゴボウを買ったつもりでいつの間にか持っていた細長いものを渡す。

これはゴボウではなくしょうがだった模様。

 

3.

バスの最後尾で小嶋さんとイチャイチャ。

途中荒地のような場所で一旦バスを降りて、谷底のような低い道路を二人で見下げる。

そこにもバスがあってたかみながいたような……?

小嶋さんがノースリーブスの話をしていたと思う。

バスに戻って再び最後尾に座る。

左前に座っていたお婆さんに何か言われる。

途中の住宅街のような道でバスの運転手さんが青いツボが二個並んだところでツボを巻き込む。

市街地に出た後、小嶋さんの紹介した会社に就職するよう言われて目の前の茶色いタイル張りのビルに入る。

奥に進んで看板を手で払う。

就職拒否。

外に出て漫画家の男性に仕事を紹介してくださいと頼むと、漫画書けるの?と聞かれたので、いいえと答える。

三人で高架下を歩いていると、銃が出てくる。

小嶋さんに銃口を向けられ怖かった。